VCTについての最近のブログ記事

ビデオアートセンター東京:連絡先

現在事務所を移転中の為、下記連絡先へお願い致します。

電話 ○8○-9567-1222 (代表:瀧)

web site: http://www.vctokyo.org
Contact:

スタッフ

スタッフ /Staff

VCTはボランティアスタッフによって運営されております。

瀧健太郎(代表) Kentaro Taki(representative)/ 服部勝孝Katsuyuki Hattori/ 小林泰賢 Yasutaka Kobayashi/ 吉田亮子 Ryoko Yoshida / 大江直哉 Naoya Ooe/ 小畑円香 Madoka Kobata  
スタッフの続きを読む

業務活動歴 ~2015

<主催企画>
15年2月 「ヴィデオアートプロムナードin阿佐ヶ谷」 夜間の屋外ヴィデオアート上映展示
15年1月 小林はくどう:ヴィデオ・パフォーマンス”AQUA WORKS”上映とパフォーマンス guest:つむぎね
14年11月"アジア-真空の都市像"上映@総合喫茶茶会記
14年11月西山修平 「ヴィデオ・モンタージュ/シュレッダー」上映とトーク guest:沢山遼(UPLINKギャラリー展示
14年11月瀧健太郎 「ヴィデオ・コラージュ/パズル」@UPLINK 上映とトーク guest:平本正宏
14年10月中島興「メディアの精製と流転」@UPLINK 上映とトーク guest:クリストフ・シャルル
14年10月中島興「ヴィデオ陰陽五行」@UPLINK 上映とトーク guest:上崎千(UPLINKギャラリー展示
14年6月 インスピレーションと変容 マデロン・ホーイカース: オランダ・ヴィデオアートの先駆/上映とトーク
14年3月 [ヴィデオ・スパークス vol.3] 男と女 ヴィデオアートスクリーニング上映とトーク
14年1月[ヴィデオ・スパークスvol.1] 声と静寂:鳴動するヴィデオアート
13年12月/14年1月 河合政之 全方位ヴィデオアートの軌跡 上映とトーク guest:金子遊、手塚夏子
08年7月 「ブラジルビデオアート カルロ・サンソーロ 都市の境界線を可視化する」(早稲田大学大隈タワー/MOTTギャラリー)
06年2月「V-lounge カナダビデオアート」(カナダからアーティストを招聘、作品上映とデモンストレーション, TWSとの共催)05年9月「スイスビデオアート エロディ・ポン ペリフェラル・エリア展」(スイスからアーティストを招聘、インスタレーション展示TWSとの共催)
05年3月  ビデオアートチャンネル「ドイツ、フランス、ブラジル、香港・ソウル・東京、アフリカ」(神戸アートビレッジセンター共催)
02年07月「ビデオアートネットワーク展テレピデミク!」(神戸/神戸アートビレッジセンターとの共催)
7/24(wed)-7/28(sun):EU,アジア諸国、米、露、日などから今日のビデオアートの潮流を紹介する映像フェスティバル。上映、展示、シンポジウム、レセプションなどを行う。
04年11月 vol.30「アフリカ ビデオアート –南アフリカ特集-」(主催:VCT 協力:ポーラミュージアムANNEX銀座)
04年08月 vol.29「香港・ソウル・東京 ビデオアート –映像都市の原風景-」(主催:VCT 協力:ポーラミュージアムANNEX銀座)
04年05月 vol.28「ブラジル ビデオアート特集 -ブラジルからの暑い風」(主催:VCT 協力:ポーラミュージアムANNEX銀座)
04年02月 vol.27「ドイツ・フランス ビデオアート ポスト-ポスト-トラディッション」(主催:VCT 協力:ポーラミュージアムANNEX銀座)
03年12月「AVICONアジアビデオアート会議」(韓国、中国、シンガポール、タイ、インドネシアからアーティストを招聘 主催:VCT 協力:ポーラミュージアムANNEX銀座/アウトラウンジ)
06年3月11日/12日「World Video Channel」トークと上映(福岡アートスペース テトラとの共催)
06年3月18日/19日「World Video Channel」トークと上映 (名古屋/@ポート/Bar sugar kane との共催)
05年12月10日/11日「World Video Channel」上映 (横浜・北仲WHITEアートスペース ポロニウムとの共催)
05年08月-10月「World Video Mapping」上映 (大阪REMOとの共催)
05年04月 「アジアビデオアート展」展示上映 (京都SHINBIとの共催)
04年2月-12月 「Videoart Channel RECORDED」ゲストを招いてのワークショップ (南青山アートスペース スピカとの共催)

<国際交流活動/海外アーティストの招聘>
13年11月 マルセイユ「レ・ザンスタンヴィデオ」アーティスト2名と研究者1名派遣
08年7月 「ブラジルビデオアート カルロ・サンソーロ 都市の境界線を可視化する」(早稲田大学大隈タワー, MOTTギャラリー)
06年2月 「V-lounge カナダビデオアート」(トーキョーワンダーサイト渋谷) タスマン・リチャードソン氏、ジョッシュ・アベリー氏
05年9月 「スイスビデオアート エロディ・ポン ペリフェラル・エリア展」(トーキョーワンダーサイト渋谷)エロディ・ポン氏
04年10月「レコーデッド JAZZ」(東京・Spicaart)ウルリッヒ・フィッシャー氏(スイス)

<企画制作>
11年12月「
キカイ デ ミルコト - 日本のビデオアートの先駆者たち-」(ビデオドキュメンタリー/HDV/80min  企画・制作 VCT 監督:瀧健太郎)

<映画祭の運営・企画・協力>
15年6月 HORS PISTES Tokyo2015
(Hors Piste Tokyo 実行委員会)
11年12月 逗子フィルムフェスティバル2011(逗子市文化プラザホール)
11年5月 HORS PISTE TOKYO 2011(Hors Piste Tokyo 実行委員会)

業務活動歴 ~2015の続きを読む

VCT・ビデオアートセンター東京とは /About VIDEOART CENTER Tokyo

ビデオアートセンター東京(VCT)は、日本におけるビデオアートとその他の時間芸術のためのセンターとして、2001年に設立されました。VCTの目的は、それらのアートをめぐる国際的な新しいネットワークを形成し、状況を発展させることにあります。 

VCTは、ビデオアートが現在のメディア文化において持つべき役割を確立しなければならないと考えるビデオアーティストを中心とするスタッフによって、民間非営利組織(NPO)として自主運営されています。 VCTは、以下のような事業を運営します。それらための事業資金は、事業自体による収益のほか、各種財団や個人による助成および各種協賛企業によるメセナ活動によってサポートされています。

国際文化交流/展覧会・上映会/国際会議・研究会/作品制作・配給/ビデオアート・ライブラリー/ビデオアート・チャンネル/アンデパンダン・ショーイング/ビデオアーティスト・ワークショップ/レクチャー、レポート/映像メディア教育の支援/出版/ウェブサイトでの情報配信

業務活動歴 ~2003

 ビデオアートセンター東京 業務活動歴

*2003年まで

年月     主な活動実績

<ビデオアートの配給>
01年03月 「Personal Vision 2001」(神戸・神戸アートビレッジセンター)3作品
01年06月 「d>art/Sydney Film Festival」(シドニー・オーストラリア)1作品
01年09月 「Microwave Festival」(香港)2作品 01年09月 「Media Art Friesland」(フリーズランド・オランダ)1作品
01年10月 「Viper 21」(バーゼル・スイス)2作品 01年10月 「Leeds International Film Festival」(リーズ・イギリス)5作品 01年11月 「Kasseler Dokumentarfilm unt Videofest」(カッセル・ドイツ)1作品 01年12月 「Batofar Festival」(パリ・フランス)日本特集の上映プログラムの企画/6作品
02年03月 「IFFRロッテルダム国際映画祭」(ロッテルダム・オランダ)2作品
03年03月 「シネマテーク・フランセーズ Libre, pure et dure!」(パリ・フランス)/2作品
02年04月 「Nippon Connection」(フランクフルト・ドイツ)「ニッポンデジタル」部門/7作品
02年04月 「ヨーロピアン・メディアアート・フェスティバル(EMAF)」(オスナブリュック・ドイツ)/2作品
02年04月 「ボーフム国際ビデオ祭」(ボーフム・ドイツ)/1作品 02年05月 「オーバーハウゼン国際短編映画祭」(オーバーハウゼン・ドイツ)/1作品

<閲覧・ビデオアートライブラリー>
収蔵作品(現在国内100作品、海外50作品)、海外のフェスティバル情報、文献資料などを自由に閲覧できる。(日曜14:00-20:00)

<定期上映・ビデオアートチャンネル>
上記ライブラリーより選定した作品、国内外の作家の特集上映を定期的(毎月第一日曜)に行う。
01年03月 vol.1(Art Lab. GOLDENSHIT)「ライブラリー収蔵作家特集」/
01年04月 vol.2(Art Lab. GOLDENSHIT)「ライブラリー収蔵作家特集」
01年05月 vol.3(Art Lab. GOLDENSHIT)「ライブラリー収蔵作家特集」/
01年06月 vol.4(Art Lab. GOLDENSHIT)「ライブラリー収蔵作家特集」
01年07月 vol.5(Art Lab. GOLDENSHIT)「ワークショップの記録作品特集」/
01年08月 vol.6(Art Lab. GOLDENSHIT)「瀧健太郎特集」
01年09月 vol.7(Art Lab. GOLDENSHIT)「ライブラリー収蔵作家特集」/
01年10月 vol.8(Art Lab. GOLDENSHIT)「ワークショップの記録作品特集」
01年11月  vol.9(Art Lab. GOLDENSHIT)「イヴ・メトラー特集」/
01年12月 vol.10(Art Lab. GOLDENSHIT)「ビデオパフォーマンス特集」
02年01月 vol.11(Art Lab. GOLDENSHIT)「香港ビデオアート特集1」/
02年02月 vol.12(Art Lab. GOLDENSHIT)「香港ビデオアート特集2」
02年03月 vol.13(Art Lab. GOLDENSHIT)「新規収蔵作品特集」/
02年04月 vol.14(Art Lab. GOLDENSHIT)「ドイツ・フランス二作家特集」
02年05月 vol.15(Art Lab. GOLDENSHIT)「河合政之特集」/
02年06月 vol.16(Art Lab. GOLDENSHIT)「ウルリッヒ・フィシャー特集」 
02年07月 vol.17(Art Lab. GOLDENSHIT)「ワークショップの記録作品特集」/
02年08月 vol.18(Art Lab. GOLDENSHIT)「新規収蔵作品特集」
02年09月 vol.19(Art Lab. GOLDENSHIT)「アジアビデオアート特集」/
02年10月 vol.20(Art Lab. GOLDENSHIT)「アメリカ/イタリアニ作家特集」
02年11月 vol.21(Art Lab. GOLDENSHIT)「フランスビデオアート特集」/
03年01月 vol.22(Art Lab. GOLDENSHIT)「印牧和美特集」 
03年02月 vol.23(Art Lab. GOLDENSHIT)「服部かつゆき特集」/
03年03月 vol.24(Art Lab. GOLDENSHIT)「海外ビデオアート特集」
03年04月 vol.25(Art Lab. GOLDENSHIT)「カルロ・サンソーロ特集」/
03年05月 vol.26(Art Lab. GOLDENSHIT)「エリカ・フランケル特集」 

<ワークショップ活動>
99年11月 ビデオアートワークショップvol.0(東京・Art Lab. GOLDENSHIT)/
00年01月 ビデオアートワークショップvol.1(東京・Art Lab. GOLDENSHIT)
00年05月 ビデオアートワークショップvol.2(両国ギャラリーX)/
00年7月-8月 ビデオアートワークショップvol.3(京都・西陣町家倶楽部、神戸・神戸アートビレッジセンター、東京・両国ギャラリーX)/
00年12月 ビデオアートワークショップvol.4(東京・Art Lab. GOLDENSHIT)
01年08月 ビデオアートワークショップvol.5(神戸・神戸アートビレッジセンター、東京・Art Lab. GOLDENSHIT)
02年02月 ビデオアートワークショップvol.6(東京・Art Lab. GOLDENSHIT)/
03年04月 プレワークショップ(東京・Art Lab. GOLDENSHIT)

<ビデオフェスティバル/展覧会企画>
02年04月 「inVex 日欧新世代ビデオアート交流展」(東京・Art Lab. GOLDENSHIT) 4/14(sun)-4/21(sun):ヨーロッパ・日本11カ国から90名の若手ビデオアーティストの作品を紹介。

02年07月 「ビデオアートネットワーク展テレピデミク!」(神戸・神戸アートビレッジセンター)7/24(wed)-7/28(sun):EU,アジア諸国、米、露、日などから今日のビデオアートの潮流を紹介する映像フェスティバル。上映、展示、シンポジウム、レセプションなどを行う。

02年12月「モーリス・ルメートル展」(東京・日仏会館)絵画展と映画上映、作家モーリス・ルメートルを招いてのレクチャー、ディスカッションなど。

<国際交流活動/海外アーティストの招聘>
01年04月 European Media Festival (ドイツ・オスナブリュック)ディスカッション参加
01年04月 Oberhausen Shortfilm Festival(ドイツ・オーバーハウゼン)ディスカッション参加
01年05月 International Bochumer Videofestival(ドイツ・ボーフム)ディスカッション参加
01年09月 Microwave Festival(香港)ディスカッション参加
01年12月 Batofar Festival(パリ・フランス)シンポジウム参加
01年11月 ビデオアートCHANNELvol.9(Art Lab. GOLDENSHIT)「イヴ・メトラー特集」イヴ・メトラー氏(オーストリア)招聘 02年06月 ビデオアートCHANNELvol.16(Art Lab. GOLDENSHIT)「ウルリッヒ・フィシャー特集」ウルリッヒ・フィッシャー氏(スイス) 招聘
02年07月 ビデオアートネットワーク展テレピデミク!(神戸・神戸アートビレッジセンター)タラ・ヘルプスト氏(ドイツ)、マルク・プラス氏(フランス) 招聘
02年12月 「モーリス・ルメートル展」(東京・日仏会館)モーリス・ルメートル氏(フランス) 招聘
03年7月 「ジャカルタ・ビデオ・アートフェスティバル」ジャカルタの作家、学生の参加するワークショップ参加

<出版>
01年08月 「Tokyo Video Art vol.1」(機関誌創刊号:主な執筆者、飯村隆彦、クリストフ・シャルル、瀬島久美子、山本圭吾、有馬徹、ほか)
03年01月 「Tokyo Video Art vol.2」(主な執筆者:相内啓二、末岡一朗、土屋豊、佐藤博昭、河合政之、服部かつゆき、ほか)

<ビデオアートの普及、教育活動>
01年03月 「Personal Vision 2001」(神戸・神戸アートビレッジセンター)レクチャー参加
01年03月 「Videoart Session」(大阪・セミネール)レクチャー
01年10月 「アート&マネジメント・リポート~香港ビデオアートの現状」(東京・Art Lab. GOLDENSHIT)
02年04月 「アート&マネジメント・リポート~スイス・フランス映像芸術の現状」(東京・Art Lab. GOLDENSHIT)
02年07月 「パドルス・ビデオアートプロジェクト」(東京・ギャラリーサージ)ディスカッション
02年07月 「ビデオ/都市/政治」(大阪・セミネール)トークセッション その他各種国内外フェスティバルにおけるトークセッション参加多数あり。

<助成>
社団法人私的録音補償金管理協会SARAH(2002 )/
国際交流基金(2002年)/
ポーラ美術振興財団(2003年)